〒362-0064 埼玉県上尾市小敷谷880 TEL:048-676-4618

歯周病治療|上尾の歯医者なら上尾ファミリー歯科へ

歯周病治療

WEB予約はこちら

小児歯科

予防歯科

自費治療と保険診療の違い

歯科Q&Aで歯のお悩みを解決

HOME»  歯周病治療

歯が抜けてしまうおそろしい病気「歯周病」

歯周病は日本人の成人の約8割が患者、もしくは予備軍ということをご存じでしたか?歯ぐきの腫れや出血は歯周病の代表的な症状。「よくあること」とそのまま放置してはいませんか?大変多くの方に歯周病の疑いがあるのですから、「よくあること」と思ってしまうこともわかります。しかし、放置しておいても改善は難しいでしょう。歯周病は日本人が歯を失ってしまう原因の第一位。大丈夫と油断していると、取り返しのつかない事態をまねきかねません。

ほかでもない大切なご自身の歯です。普段からしっかりとケアすることはもちろん、気になる症状がありましたら早めのご相談を心掛けてください。

歯周病の4つの原因

歯周病菌
歯周病は細菌による感染症です。口腔内にひそむ細菌の数が多ければ多いほど、歯周病リスクが高まります。
口内環境
歯周病菌がひそむのはプラークです。十分にケアが行き届いていない場合はプラークも繁殖してしまい、歯周病菌の繁殖をまねいてしまいます。
乱れた噛み合わせ
乱れた噛み合わせは歯みがきがしづらくプラークや歯周病菌の繁殖をまねくばかりか、咀嚼圧が均等にならないため一部の歯周組織にダメージを与え、歯周病のきっかけをつくってしまいます。
全身疾患
糖尿病や高血圧など一部の全身疾患は身体の抵抗力を弱め、歯周病リスクを高めます。全身疾患を改善することで、歯周病リスクも低くなります。逆に歯周病が全身疾患を引き起こすリスクもあります。

歯周病の進行段階

歯周病は歯肉炎と歯周炎に大別でき、それぞれに適した治療法があります。歯周病の段階を見きわめ、その段階に適した治療法を行うことが大切です。

歯肉炎
プラークにより歯ぐきが腫れ、出血しやすくなっています。歯ぐきにのみ炎症が起きている状態で、治療を受けることで比較的スムーズに健康な状態へ戻ります。歯周炎に移行すると完治しづらくなるので、この段階で治療を受けることが大切です。

軽度歯周炎
歯肉炎が進行し、炎症があごの骨にまでおよんでいます。あごの骨も徐々に溶けはじめ、それにともなって歯ぐきが下がり、プラークもより付着しやすい状態に。

中等度歯周炎
さらに炎症が進んだ状態で、あごの骨のダメージもかなり深刻です。歯が浮くような違和感もあり、食べ物もうまく噛めません。膿が出ることもあります。手遅れになる前に治療を受けましょう。

重度歯周炎
大部分のあごの骨が溶け、歯もとても大きくグラつきます。口臭もとても強くなり、周囲に大きな不快感を与えるほどです。ここまで悪化した場合は完全治癒が難しく、抜歯よりほかに方法はありません。

上尾ファミリー歯科の歯周病治療

当院では日本人が歯を失ってしまう原因の第一位である歯周病の治療を重要なものと考え、精密検査を実施し症状に適した治療を行っています。

歯みがき指導

歯周病治療の基本になる正しい歯みがき方法を学んでいただきます。歯みがきの時間やタイミング、歯ブラシの持ち方・動かし方などをお教えします。毎日のケアの精度を上げ、歯周病の改善を目指しましょう。

PMTC

歯周病の原因になるプラークや歯石を除去するのがPMTCというお口のクリーニングです。お口のなかの汚れを徹底的に取り除き、衛生的な状態に。歯周病の改善・予防に効果的です。